車のカラー

車のカラーは、査定額に大きな影響を及ぼす要素です。
中古車販売業者は、車を買い取ってすぐに次の人に売りたいと思うので、人気のある色を買い取りたいと思っています。そのため、人気のある色の方が無理をしてでも買い取りたいと思い、高い査定額が出ることになります。

 

まず、時代に左右されない色は、安定して高い査定額が出ます。白や黒、グレーなどは高額査定の対象になります。特に、白の中でもパールホワイトは安定して人気があり、高額査定につながります。

 

最近は、本当に多くのボディーカラーが発売されています。ディーラーは、時代を反映したパステルカラーや原色等をおすすめするかもしれません。今は人気があり、かわいく見えたり、かっこよく見えるかもしれません。人気が落ちないうちに売るのであれば、査定額を引き上げる要素になるでしょう。しかし、あまりに時代を反映したボディーカラーは、すぐに売る場合を除きおすすめできません。長く乗ってから売ろうと思ったときに、時代遅れになっていることがあります。昔を思い出させる色となれば、古いと認識されてしまいます。同じ車種であったとしても、古く見えてしまい査定額にかなりの差が出るのです。
ただし、人気のある色は、一概に色の名前だけでは判断できません。たとえ白であったとしても、営業車のイメージのある車種だと、人気のない色になってしまいます。そこで、車種のイメージによって色を考える必要があります。例えば、セダンの中でもラグジュアリー感があり、高い年齢層をターゲットにしている車であれば、黒やグレー等落ち着いた色が人気の色で、コンパクトカーやファミリー向けの車種なら、パールホワイトやダークブルー等が人気の色となります。

 

また、SUVやスポーツカー等の若者に人気の車であれば、赤などの原色系の色もイメージに合い、人気の色となります。軽自動車の女性向けの車はパステルカラーなどかわいいイメージの色が人気になります。しかし、これらの色は、よほど似合ってない限り、敬遠されやすい色となり、査定額に反映されない可能性もあります。

 

車種にもよりますが、その他の条件が同じであっても、人気のある色と人気の無い色とでは、査定に10万以上の差が出てもおかしくありません。また、人気のある色であれば、たとえ古く、走行距離が長くても、他の車より高い査定が出る場合があるのです。さらに、人気のある色の車はすぐに売れる可能性が高いので、買取業者が見積もり査定に来た段階で、高額で引き取っていくこともあります。"

ホーム RSS購読 サイトマップ